さらさちゃんの温泉日誌

「蔵前温泉さらさのゆ」 広報担当“さらさちゃん”がお届けする、湯快爽快あったか温泉日誌!さらさのゆお得情報やクーポン等もお届けしちゃうわよ★

大阪府堺市北区にある「蔵前温泉さらさのゆ」
地域の人たちがいっぱい集まる憩いの場★
ぽかぽか、ふわふわ、今日も湯けむり温泉天使のさらさちゃんは
皆様に癒しをお届けするのであります(^^)

タグ:たった1℃が体を変える

これから、どんどん暑くなっていくにつれて、

おふろも沸かすのが面倒だし、入浴後熱いし、

シャワーだけで済ますって人が多くなると思います

しかーし!!

わたしはおふろ屋さん!!

夏場も毎日、おふろに入る事を強くおすすめします
stamp_31


そう言うのももちろん理由があって、

①夏のほうが汗などで体が汚れやすく、入浴した方が清潔に保てるって点。
 ※入浴して毛穴を開くことで、体の汚れはほとんど落ちてしまいます。
    まあだから、あんま体はゴシゴシ擦り過ぎないようにね


②クーラーとかで体や足元が冷えているので、温めてあげる事が健康面でも大事です
 ※特に女性の方は冷え症が多いので、血液を循環させてあげないと免疫力の低下で
   夏バテの原因ともなっちゃうからね



また、先日さらさのゆではハッカ油配合の「ひんやりクールバス」を実施致しましたが、
bg_main

入浴剤も夏場は冬場と異なり、ハッカ油のようなメントール成分が含まれているものから

重曹(炭酸水素ナトリウム)が入ってて、さっぱり感が強いものが多いですね

この成分の温泉は美人の湯として有名で、ぬるぬるっとした感触が特色ですね

和歌山の龍神温泉
群馬県の川中温泉
島根県の湯の川温泉


「日本3美人湯」で有名ですね

わたしは、、去年「湯の川温泉」に行ってきたわよ
IMG_5700
IMG_5699

川中温泉だけは、まだ行けてないからいきたいな~

さらさのゆの温泉成分は「塩化物ナトリウム泉」、
この泉質の温泉は皮膚表面を塩分がコーティングするから、湯ざめし難く、
特に冬場におススメの泉質
やから、入浴剤で冬の余りとかを使うときは
成分によっては温まりすぎちゃうこともあるから注意してね

んで、今回の記事も参照は早坂信哉先生の「たった1℃が体を変える」でございます。





最後に、このブログの先日訪問者数も50,000人を突破しました
読んでくれてありがとうございます

このお礼として、このブログの上部メニュー欄に「クーポン」を掲載させて頂いております

今月末まで有効の「レンタルタオル無料クーポン」となります

タオル持ってくるの面倒だと思いますので、ご利用下さいね
※ご利用は2018年6月11日(月)~6月30日(土)まで有効よ



宜しければ、読者登録もお願い致します!!

ここ数日やば寒くないですか?

もう私はおふろがなければ、死んじゃいそうな毎日を送っています

皆さんも大好きなおふろですが、なぜ体にいいのか?って

今日は私の愛読書「たった1℃が体を変える」をもとに記事にします

では、早速おふろが体に良い理由を医学的な面で

 ①温熱作用
 お湯に浸かると、まず体の表面が温められて、次に体の表面近くの血液が温められ、血液が全身をめぐる事で体全体があったまっちゃいます!
 血液によって、肺から入った酵素や養分が体の隅々まで運ばれて、体の中の老廃物や二酸化炭素が体外に排出されますよ!これ新陳代謝がアップするって事ーー 

②静水圧作用
 水の中は1メートルの水深で1平方メートルあたり100グラムの水圧がかかるわ
これによって、重力の足にたまった血液や体液が水圧で心臓に押し戻されます!足のむくみ解消などに効果的よね〜

③浮力
 水の中では体重は1/10になる50kgの人(私じゃないわよ)なら5kgに
体がリラックスできると同時に、関節への負担も減少しまーす

④粘性・抵抗性
 水には粘り気があって、素早く動けないのはこの粘性・抵抗によるものおふろの中で手足の曲げ伸ばしなどのストレッチを行うのはプール運動などと同様に効果的なんですよ

⑤清浄作用
 お湯には皮膚をきれいにする清浄作用があるから、ゴシゴシ洗わなくても、湯に浸かるだけで毛穴が開き、皮膚の汚れは十分に落ちるわよ

 いかがかしら、いろんな作用がある「おふろ」できる限り毎日入ってみてねおふろは素晴らしいわよ

冬将軍をぶっ倒そう! 
 stamp_02

家庭でも気軽に温泉気分や美容効果が楽しめる入浴剤。

今回はこれを選ぶときのポイントを紹介ね!

ポイントはズバリ分類よ☆

大きく分けて「医薬部外品」「浴用化粧品」「雑貨」の3種類があるわ!

ちょうどパッケージの裏側なんかに書いてあるかな。

そうここ!
 IMG_8475
「医薬部外品」と「浴用化粧品」は薬事法によってしっかり規制されているので、薬に近いしっかりとした効果が認められているという事なんです。

例えば、「医薬部外品」はあせも、荒れ性、うちみ、肩こり、神経痛、疲労回復、リウマチなどの症状を緩和してくれます。

「浴用化粧品」は表示できる効能・効果が皮膚を洗浄する。皮膚を健やかに保つ。皮膚に潤いを与えるなどに限定されています。

「雑貨」は特に効果・効能がうたえず、お湯に溶かして使うようなおもちゃ的なものに多いかしらね⭐️

入浴剤を選ぶときにぜひ参考にして下さいね

今回の知識は尊敬する温泉療法専門医 早坂先生の著書「たった1℃が体を変える」を参考にさせて頂きました。
とってもいい本なので皆様も興味があれば是非是非
IMG_8476


↑このページのトップヘ