さらさちゃんの温泉日誌

「蔵前温泉さらさのゆ」 広報担当“さらさちゃん”がお届けする、湯快爽快あったか温泉日誌!さらさのゆお得情報やクーポン等もお届けしちゃうわよ★

大阪府堺市北区にある「蔵前温泉さらさのゆ」
地域の人たちがいっぱい集まる憩いの場★
ぽかぽか、ふわふわ、今日も湯けむり温泉天使のさらさちゃんは
皆様に癒しをお届けするのであります(^^)

カテゴリ: おふろの豆知識

お風呂や温泉関係の資格とか持ってるとカッコよくないですか??

有名なんでは、「温泉ソムリエ」とかかしら

あと、

「温泉保養士」
「温泉観光士」
とか、わたしも持ってる
「温泉入浴指導員」「温泉利用指導者」とかいっぱいあるのよ

でもやっぱり、取得するのにお金もかかったり講習や実習を受けたりと大変なのことも・・・
(まあ好きなら苦にならないでしょうが) 

そこでなんとインターネットですぐに取得できて、お金もかからないと言う
素敵な資格をご紹介するよ

それは、

バスリエ

最近テレビでもちょくちょく見かける、お風呂のソムリエ バスリエ株式会社が運営する
民間資格です。
ちゃーんと資格証を送られてくるわよ
んで、わたしもちゃんと合格してますよ
検定前にテキストをダウンロードしてお勉強して、10分ほどのネット検定を受けるだけ

すぐにとれて、自慢もできるわ
みなさまも早いうちに受けてみてはいかが??
検定はコチラから → 「バスリエ検定

そのほか、バスリエさんのホームページではテレビでも紹介される
人気バスグッズがいっぱいあるから、ぜひみてみてね

stamp_35




 

うーん風が強くて寒いわね
もちろん、そんな日はおふろなんですが、

皆様おふろ選びの基準は何で選ばれていますか??

やはり「家から近い」がとても重要な事だと思いますが、

先日の「関西ウォーカーのスーパー銭湯特集」されている通り、

最近は傾向として「滞在型」という店舗がとても増えてきています

さらにこの滞在型の中でも子供も含めてファミリーでゆっくり楽しく過ごせる「奈良健康ランド」のような形態や、静かな雰囲気でプライベートを楽しみたい「祥福」「uguisu」等、

「滞在型」の中にもさらにコンセプトが明確に分かれてきています

今までの老若男女すべてを満足させるといった形態から、

明確に一部の層を完全ターゲットにした店舗も多くなっているのが現状だと思います。

なので、よくコンセプトを見てからいかないと、

「子供が騒いで落ち着かなかった
「子供が退屈して、帰りたいと泣いた
「おふろだけ入りたいの料金が高すぎた

などなど、さまざまなトラブルに見舞われます
特に料金はおふろだけ軽く利用したいといった場合に、滞在型を選ぶと大損よね

こんなトラブルに見舞われないように「事前の調査をホームページや雑誌でしておくのが重要」だとわたしからのおすすめです
店舗によっては、例えば「お子様はご遠慮頂きたい。」「お風呂だけのお客様は極力入れたくない」とか全く特定の層を切り捨てる場所もあるので、予習は大事だわ

自分にあったお店が見つかると、おふろ屋さんは超絶最高の空間になります!

近場もいいけど、たまには遠出でおふろへ行かれてはいかがでしょうか??

ちなみに、

さらさのゆは「家族3世代にわたり温泉を楽しんで頂く為の、都会のオアシス」を目指してます

源泉かけながし岩風呂

大晦日みなさまいかがお過ごしでしょうか?

私はもちろんお仕事もあり〜のなんですが・・・
そう今日はカウントダウンイベントなるものがあるんですよねー

温泉で年越しなんてどう??
 
元旦を温泉でゆっくり迎えられるなんて素晴らしいわ笑

ところで元旦と元日の違いってご存知ですかー??

「元旦」は1月1日になってから日の出までの時間。
「元日」は1月1日の日の出からの時間。

と言うことは「元旦に初風呂を!」なんて場合は、深夜に入浴ってなっちゃう
ってことはスーパー銭湯はちょうどいいわなんてね

でも、1月2日を初風呂とする風習なんてのもあって、
大晦日に1年の汚れを落として、1月1日は自分が福に入るためおふろ厳禁なんてのもあるから、2日が初風呂とされてるとか、昔はかまどでおふろを沸かせてたから、1日はかまどの神様をお休みさせて上げる為にもおふろは入らないとかね

まっあんまり現代社会では気にすることの程でもない気がするから、自分の過ごしてきた風習に従うのが一番だと思うけどね 

つまりは、さらさのゆはじめおふろ屋さんは大晦日も正月も営業しているよーってこと!!

皆さま今年も大変お世話になりました!良いお年をー!
15977097_1722232038090534_4250270048871780456_n

 

日本の温泉の起源

一説によるとそれはなんと約6000年前の縄文時代前期頃

長野県の考古学者が上諏訪駅周辺の遺跡発掘調査中に、温泉が湧き出していた跡を発見

たぶん、銛でとったお魚をゆでたり、寒い時は私たちと一緒で入浴したりしたような・・・

あっ上諏訪はここね!(長野県諏訪市)
無題

それから文献ではじめて温泉が登場したんわ奈良時代

733年頃の「出雲国風土記」に現在の島根県玉造温泉の記載が

なんでも一度入ると美しくなり、二度入ると病が治る「神の湯」だという

そんな「神の湯」はこちらだーーー!
わーんいきたいよー

http://www.tama-onsen.jp/about-tama-onsen
無題

ここ数日やば寒くないですか?

もう私はおふろがなければ、死んじゃいそうな毎日を送っています

皆さんも大好きなおふろですが、なぜ体にいいのか?って

今日は私の愛読書「たった1℃が体を変える」をもとに記事にします

では、早速おふろが体に良い理由を医学的な面で

 ①温熱作用
 お湯に浸かると、まず体の表面が温められて、次に体の表面近くの血液が温められ、血液が全身をめぐる事で体全体があったまっちゃいます!
 血液によって、肺から入った酵素や養分が体の隅々まで運ばれて、体の中の老廃物や二酸化炭素が体外に排出されますよ!これ新陳代謝がアップするって事ーー 

②静水圧作用
 水の中は1メートルの水深で1平方メートルあたり100グラムの水圧がかかるわ
これによって、重力の足にたまった血液や体液が水圧で心臓に押し戻されます!足のむくみ解消などに効果的よね〜

③浮力
 水の中では体重は1/10になる50kgの人(私じゃないわよ)なら5kgに
体がリラックスできると同時に、関節への負担も減少しまーす

④粘性・抵抗性
 水には粘り気があって、素早く動けないのはこの粘性・抵抗によるものおふろの中で手足の曲げ伸ばしなどのストレッチを行うのはプール運動などと同様に効果的なんですよ

⑤清浄作用
 お湯には皮膚をきれいにする清浄作用があるから、ゴシゴシ洗わなくても、湯に浸かるだけで毛穴が開き、皮膚の汚れは十分に落ちるわよ

 いかがかしら、いろんな作用がある「おふろ」できる限り毎日入ってみてねおふろは素晴らしいわよ

冬将軍をぶっ倒そう! 
 stamp_02

↑このページのトップヘ