さらさちゃんの温泉日誌

「蔵前温泉さらさのゆ」 広報担当“さらさちゃん”がお届けする、湯快爽快あったか温泉日誌!さらさのゆお得情報やクーポン等もお届けしちゃうわよ★

大阪府堺市北区にある「蔵前温泉さらさのゆ」
地域の人たちがいっぱい集まる憩いの場★
ぽかぽか、ふわふわ、今日も湯けむり温泉天使のさらさちゃんは
皆様に癒しをお届けするのであります(^^)

カテゴリ: おふろの豆知識

大阪でこんな大きな地震なんて・・・
皆様ご無事でしょうか??

ご自身の安全第一に、余震や身の回りの状況にも十分ご注意頂き行動して下さいませ。

Unknown

さらさのゆは幸いに大阪府南部に位置しており、
お店に大きな影響はありませんでした 。

通常営業しておりますが、交通網の乱れなどもございますので無理のないようにお願い申し上げます。



【地震と銭湯 〜災害の際に銭湯ができること〜】

ここ数年の災害でライフラインが寸断されたケースでは、
ライフラインの復旧の順が、
電気(通信) →   水道  →   ガスとなる傾向が多いようです。

今回のように大きな災害が起こった際に、銭湯ができることとして、

まず「水」が豊富にあるため、これを利用できる事です。

実際に東京の銭湯ですが、火災発生時に銭湯の水を消防用の水に利用する事例がNHKに特集されました。こちらがそのリンクです。



次にライフライン寸断が長引いた時の衛生面と精神面の不安の解消です。

 当然入浴もできなくなり、お身体の衛生状態も気になりますし、被災による過度のストレスは精神面にも不安をもたらしてしまいます。
私達はお風呂に入る事で、気づかなくても体も脳もリラックス状態になっているので、これができなくなることは、想像以上に辛く感じちゃうのです

阪神大震災の時に、私も子供ながら学校の校庭で自衛隊の方達が仮設お風呂サービスを実施してて、その時はみんなとっても幸せそうな顔していたのをよく覚えています。
000000001_0000000471_l
※こちらは新潟地震の際の入浴場。

 近年では、東日本大震災、熊本大震災で同地区にあり被災されているにも関わらず、無償でお店を解放する銭湯さんも多数あって感動したのをよく覚えています。
仲良くさせていただいている「水春」さんの熊本のお店も頑張っていてすごく応援しました!

このように、実はライフラインが寸断されても銭湯は運営できるケースが多いんですよね。 



「水」は普段から水槽にたくさん貯めているので利用できる。(さらさのゆは120tは貯めてるよ)
 水は水道水ではなく、井戸水を汲み出しているので水道の断水もほぼ関係ないです。

「電気」は割と復旧は早いため、電気が復旧すればお風呂のポンプは稼働できる。

「ガス」はスーパー銭湯は都市ガスが多いですが、銭湯はプロパンや薪で沸かすお店も多いので、お湯は沸かせる。
 さらに、さらさのゆのように高温の天然温泉であれば、沸かす必要すらない。といった利点もあります。 


またスーパー銭湯に関しては、ほぼ建物が鉄筋コンクリート造なので割と丈夫であることもあります。
以前、大和川の氾濫の際も沿岸の方が数名に避難に来られましたが、全然ありだと思いますよ。


私はこのような、大災害が起こった際、また普段からも災害に備え、
おふろ屋さんとして何ができるか」の観点を大事できるお店でありたいと思っています。

すでにそのような活動をされている方々、お店もたくさんあります。
銭湯・奥の細道 (東北の銭湯巡り)さんのブログへ


あと、入浴中に地震があった時の対処法のコラムもありましたのでリンク貼っておきます。
おふろで地震にあった際の対処法



もし、今後あなたが予期せぬ災害に巻き込まれた時には、地元のおふろ屋さんの活動も確認されてみてはいかがでしょうか?
私も及ばずながらですが、関西のおふろ屋さんの集まりの時などを利用して輪を広げて行ければと考えます。

最後に余震とかほんとに気をつけて下さいね
 

これから、どんどん暑くなっていくにつれて、

おふろも沸かすのが面倒だし、入浴後熱いし、

シャワーだけで済ますって人が多くなると思います

しかーし!!

わたしはおふろ屋さん!!

夏場も毎日、おふろに入る事を強くおすすめします
stamp_31


そう言うのももちろん理由があって、

①夏のほうが汗などで体が汚れやすく、入浴した方が清潔に保てるって点。
 ※入浴して毛穴を開くことで、体の汚れはほとんど落ちてしまいます。
    まあだから、あんま体はゴシゴシ擦り過ぎないようにね


②クーラーとかで体や足元が冷えているので、温めてあげる事が健康面でも大事です
 ※特に女性の方は冷え症が多いので、血液を循環させてあげないと免疫力の低下で
   夏バテの原因ともなっちゃうからね



また、先日さらさのゆではハッカ油配合の「ひんやりクールバス」を実施致しましたが、
bg_main

入浴剤も夏場は冬場と異なり、ハッカ油のようなメントール成分が含まれているものから

重曹(炭酸水素ナトリウム)が入ってて、さっぱり感が強いものが多いですね

この成分の温泉は美人の湯として有名で、ぬるぬるっとした感触が特色ですね

和歌山の龍神温泉
群馬県の川中温泉
島根県の湯の川温泉


「日本3美人湯」で有名ですね

わたしは、、去年「湯の川温泉」に行ってきたわよ
IMG_5700
IMG_5699

川中温泉だけは、まだ行けてないからいきたいな~

さらさのゆの温泉成分は「塩化物ナトリウム泉」、
この泉質の温泉は皮膚表面を塩分がコーティングするから、湯ざめし難く、
特に冬場におススメの泉質
やから、入浴剤で冬の余りとかを使うときは
成分によっては温まりすぎちゃうこともあるから注意してね

んで、今回の記事も参照は早坂信哉先生の「たった1℃が体を変える」でございます。





最後に、このブログの先日訪問者数も50,000人を突破しました
読んでくれてありがとうございます

このお礼として、このブログの上部メニュー欄に「クーポン」を掲載させて頂いております

今月末まで有効の「レンタルタオル無料クーポン」となります

タオル持ってくるの面倒だと思いますので、ご利用下さいね
※ご利用は2018年6月11日(月)~6月30日(土)まで有効よ



宜しければ、読者登録もお願い致します!!

私達おふろ屋さんは、たまーに集まっていろんな店舗が集まって

「最近どーよ」とか

「このトラブルどうやってますかー」とか

「成功したキャンペーンとかあんの」とか

定期的に集まって、懇親会という名目のもと楽しく飲みたくってます

それでね、5月下旬に関西の交流会&懇親会を神戸の

「チムジルバンスパ神戸」にて開催しましたー

もち、私は一番乗りして、おふろ入って、岩盤浴して、お昼も美味しく頂いて、お昼寝して
IMG_9588
fullsizeoutput_c87
※コンセプトが韓国のお店だから韓国メニューが多くって美味しかったー


からのー

交流会参加でした(笑)

 大阪、兵庫だけじゃなく和歌山や京都、関東や広島からもおふろ屋さんが参加して頂いて

とっても充実してましたー

なお、今回のテーマは「人材採用と育成」についてがテーマで

どこのおふろ屋さんがどういった採用媒体を使って、どんな結果だったかとかから、

例えば、男湯に女性従業員が入るかどうかなどの利点と問題とかね

大変お勉強させて頂きました 


でね、これがお楽しみの懇親会

韓国料理のコースでお腹も大満足
IMG_9594
ほんと、食べ過ぎて苦しかった・・・

いやー満足満足

で!

次回は9月に京都のおふろ屋さんで、なんとバーベキューとキャンプをしながら

勉強をする交流会を行う予定です



しかも泊まりです



こりゃー本当に楽しみだなー
 


おふろ業界はみんな仲良くって嬉しいな


そういえば最近「競合店」って言葉ほんとに聞かなくなりましたよ

まだまだ狭い業界だとは思うんで、

もっともっと交流して「競合」もいいけど、

業界を盛り上げるためには「共存」していかないとね

って私は思うわ




あと宣伝ですが、

6月14日はうちの会社を使って、全国のおふろセミナーを開催

おふろ屋さんや、関係業者さんなど

興味がある方は、ぜひご参加お待ちしているわね

詳しくはこれ見てねー
http://ofurokoshien.com/on-yoku/seminar/

 じゃ、よろしければ読者登録もよろしくね

さらさのゆの天然温泉「最古の湯」

■源泉名紀元前温泉 最古乃湯
■湧出地大阪府堺市北区蔵前町1554番3
■泉質ナトリウム-塩化物温泉(低張性・中性・高温泉)
■泉温51.7℃(調査時における気温14.5℃)
■湧出量720L/分
 
泉温が約52度ってことなんだけど、

とっても人が入れるような温度じゃないですよね(笑)


今日はこの温泉さんがいかに適温になって、お客様の入るおふろまで提供されるのか

これを画像入りで解説するわ



まずはこの画像 
 IMG_9607
これが天然温泉の井戸ね
ちょうど画像の右下の部分の下が温泉井戸になってるのよ
一般に見ることはできないけど、さらさのゆの駐車場入口付近にあるわね

ここでの泉温はまだ50度を超えてます

次にこのタンク(温泉第1タンク)
IMG_9608
温泉井戸のすぐ隣にあるんだけど、温泉はまずこのタンクに空気と混ざり合いながら入っていくの
タンクの上に煙突があるのがわかるかしら?

これがガス抜きの煙突ね
温泉ガスなどはここから大気中に排出されるんで、冬場とかはここから湯気がモクモク出てるよ

だいたいこのタンクに入った時点で泉温は50度前後になっているわ

次にここから長〜い配管を通って、さらさのゆの裏方に運ばれます

(温泉第2タンク)
IMG_9604
 
ここまで長〜い配管を通り空気と混ざることによって、温泉は少し冷めるのよ 

ちょうど温度計があって、この時点の泉温はこれ(5月末現在)
 IMG_9605
はい、47.4度ですね

まあこれでもだいぶん熱いんですけどね

でもだいたいこれが、おふろに提供されている温度の目安となってます

第2タンクの側面には各天然温泉浴槽にお湯を送るポンプと配管があって、

これを通って、皆様が待つおふろへ
IMG_9606

でも、疑問じゃないですか??

47度ってとても入れる温度じゃないですよね

じゃあこれがどうやって適温になっているのかいうと・・・

それは日々巡回している清掃スタッフの技術なんですよね


どういうことかっていうと、

天然温泉の浴槽には、どれぐらい天然温泉を浴槽に出すかを調整するバルブがあるんですね

このバルブを調整して、湯温が熱いときはゆっくりと温泉を出して冷まし

ぬるい時は多めに出して、湯温をあげ てます

これをね、1時間に1回点検と調整をすることで適温を維持してるのですよ

天然温泉掛け流しの浴槽は上段、下段あるどけ、

だいたい上段が44度、下段が41度前後で調整させて頂いております

これが、さらさの温泉のフローっていうのかしら

いかがでしたか??



これからもこんな裏情報やお得情報をお送りしますので、興味がございましたら、

ぜひ下の読者登録お願いしまーす
stamp_39





はい、ちなみにこれがさらさのゆの自爆スイッチ
IMG_9609

これを押すと、お店が宇宙まで吹っ飛ぶけど、どこにあるかは内緒よ(笑)

まっただの電源ボックスなんやけどね・・・ 

6月なっちゃいました
もうすぐ梅雨入りでじめじめした時期がやってきちゃうわ

でもご心配なく!
今日ご紹介するこの「ハッカ油」を暮らしに上手に利用すれば、

じめじめも吹っ飛んですっきり快適になっちゃうわよ

bg_main

「ハッカ油」
ハッカ油は健栄製薬さんの主力商品です。これ見たことありませんか??

以下、健栄製薬さんのホームページから転載させて頂きました。

↑このページのトップヘ