もうすぐ梅雨入りしますけど、

6月の日本の風物詩と言えばやっぱコイツ

 IMG_9601

「てるてるぼうず」先生です

さらさのゆでは毎年5月の下旬ごろより、お子様を中心に館内で
てるてるぼうずを作ってもらうキャンペーンを実施してます

この子達も今年生まれたてるてるぼうず達なの

可愛いよね




ケケケッ

でもね・・・


これを読んで、本当に可愛いなんて言えるかしら・・・

ここからはてるてるぼうずのルーツを探ります笑

(てるてるぼうずの起源)

 まずね、てるてるぼうずの起源は調べたところ中国なんだって、

「坊主」って言うからてっきり男性がモチーフかと思ったけど、
実はモチーフになっているのが、中国の女の子「掃晴娘(さおちんにゃん)」

ストーリーは、
ある年に中国で大雨が続き、みんな困り果てていた時に、
この掃晴娘ちゃんが、天に向かって
「どうか雨を止ましてくださいませ!」とお願いを続けたところ、
天から「この私“龍王”の妃になれば考えてやる」と声がしました。
掃晴娘ちゃんは国を救うため、龍王の妃になることを決め、
「龍王様の妃になりましょう」と叫んだそうです。
すると、みるみる空を覆っていた雲が晴れ、雨は上がってしまいました。
歓喜に沸く民衆達が気づいた頃には、 掃晴娘ちゃんは姿を消していたそうです。

これを見た人々が、  掃晴娘ちゃんを偲び大雨が続く時には紙で作った掃晴娘ちゃんを吊るすようになったってことです
20090719013518

可愛い❤️

このお話が日本に 伝わった時は平安時代
この時日本では、どちらかと言うと天候を祈祷したりするのは僧侶。
つまりはお坊さんの役目であったことから「坊主」になっちゃったと言うことです

ぜーんぜん怖くないじゃん

って思いましたよね

うんうん
実はこの掃晴娘ちゃんのお話し一説にすぎません

本当に怖い説はコレ

昔、上の話と同じように雨が降り続く時期があり、住民も困り果てていました。
そんな時、住民は「お経を唱えれば、次の日は晴れる」ことで有名なお坊さんがいることを知ったのです。
その噂を耳にした、その土地のお殿様は、すぐにそのお坊さんを呼び寄せたのです。
そのお坊さんは、お殿様の前でお経を唱えて
「これで明日は必ず晴れますよ」と言いました。

しかし…次の日も雨は降り続けてしまったのです。

お殿様の怒りを買ってしまったお坊さん。
嘘をついた罰として、首をはねられてしまいます。
お殿様は「おまじない」と称して、はねたお坊さんの首を布に包んで吊るしました・・・

すると、次の日は快晴になったそうな・・・

そして、有名なてるてるぼうずの歌の歌詞がコレ
あまり3番まで歌う人はいないでしょうけど、真実は歌に隠されていました・・・

(1番)
てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ
いつかの夢の空のよに 晴れたら金の鈴あげよ

(2番)
てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ
わたしの願いを聞いたなら あまいお酒をたんと飲ましょ

(3番)
てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ
それでも曇って泣いてたら そなたの首をチョンと切るぞ