5月5日は「こどもの日」
stamp_2_11

「こどもの日」「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」のが主旨とされてるみたいで1948年に制定されたってね

また「端午の節句」ともいうわよね

端午の節句は、季節の節目を祝う日本の伝統的な式日である五節句の中の一つとなって、

端午の端は月の端(はし)で始まりという意味で、
だから端午とは、月の始めの午の日のことを言って5月は本来関係なかったみたいやけど、
午(ご)が五(ご)に通じることから毎月5日を指すようになり、
さらに5が重なる5月5日を端午の節句と呼ぶようになったてことです

さて、そんな「こどもの日」のお風呂屋さんの行事

「菖蒲湯」

fullsizeoutput_c6a
これは去年の実施風景
古くから薬草として菖蒲を利用していた中国で
菖蒲湯は、漢方の湯治療の1つでした

また、菖蒲は邪気を祓うといわれており
5月5日には菖蒲酒(あやめしゅ)を飲むなどして邪気を祓っていました。
平安時代、中国から端午の節句が伝わるのと同時に
浴蘭節や菖蒲湯の風習も日本に伝わりました。

もともとは蘭草が入浴用として中国では使用されてたんだけど、
日本では蘭草が少なかったため
各地で手に入る菖蒲が代用され定着したといわれています

photooriginal-22647-860149
これが蘭草ね


菖蒲湯の効果

菖蒲には精油となる成分が多く含まれています。

そのため、強い芳香を持ち合わせていて
この強い芳香が、古来において厄を祓うと信じられていたのです

※精油とは?

 精油(エッセンシャルオイルともいいます。)は
 植物の花葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから
 抽出した天然の素材です。

 有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質で、
 各植物により特有の香りと機能をもっています。

 アロマテラピーに詳しい方は、ご存知かと思います。


菖蒲に多く入っている精油となる成分は、
アザロンとオイゲノールで、これらが菖蒲独特の香りの素となっています

さらに、この成分は血行促進疲労回復の効果も併せ持っています。

菖蒲湯には、主に菖蒲の葉が利用されますが
根茎の方がより多く精油となる成分が含まれています。

漢方では、日干しにした菖蒲の根茎を用いており、
日干しにした菖蒲の根茎は、菖蒲根(しょうぶこん)と呼ばれています。


菖蒲湯は、このような事に効果があります☆

  • 血行促進
  • 腰痛
  • 神経痛
  • 冷え性
  • 筋肉痛
  • リュウマチ
  • 肩こり

加えて、菖蒲の香りには、
アロマテラピー効果もあります。

菖蒲湯は、血行が良くなり
痛みを伴う諸症状を和らげることはもちろん!

参考ページ http://ii-nippon.net/日本の風習/1682.html
ありがとうございます。

なかなかご自宅では、実施しにくいお風呂イベントかもしれません
よろしければ、お近くのお風呂屋さんに行って体験してみるのはどうでしょうか?