最近お店のイベント配信や広報、スタンプカードの代わりなどにも活用されている

LINE@

についてわたしなりのコツを少し伝授いたします

といっても、そんな生意気言える立場じゃないけど他店舗さんとかの参考になればと思います


⑴メッセージを送る時間

 まずはこれを見て!
 34

SNSにはピークタイムってのがあって、これだいたいどのSNSも一緒なんだけど、

出勤時間である朝7時ごろ(電車の中とかで見るのね) 
お昼休みである昼12時ごろ
増え始めるのが、夕方17時ごろ
そしてピークが夜中の20時、21時ごろね

この時間はLINEを見ている可能性が高い時間だから配信に有効かと思います

あと注意しなければならないのがこれ。
例えばお風呂屋さんでいくと、朝の9時とか10時とかオープンが多いため、
その時間に合わせて配信するってことです。


お風呂屋さん好きなら、たくさんのお店のLINEを登録してるから
その時間に配信が集中すると・・・

そううるさいし、ちょっとウザいのです

だから、ちょっとオープン時間からずらすのがコツよ
例えば10時オープンなら、9時40分頃とかね



⑵言葉遣いに気をつけよう

LINE@の登録者様は「友達」っていう扱いです 
なので、言葉遣いは丁寧にしすぎてしまうと、楽に対話できるという趣旨から外れてしまい、
ユーザー離れが進みます

お客様ではありますが、お友達っていうことを念頭において、
失礼にならない範囲の言葉遣いを選ぶべきです

わたしの配信LINEはもう失礼でしかないんやろうけど・・・笑

管理者もお友達(お客様)も楽しめる内容であれば、自然と友達は増えていくと思います



⑶配信頻度に気をつけよう

まずはこれをご覧ください。
 35

これはLINE@公式の資料です。
これ非常に参考になりますね

確かに毎日毎日LINEがバンバンくると、ブロックしちゃいますよね
だから適正数として、メッセージは週1回とかで、
ホーム投稿という、いわゆるタイムライン投稿も力を入れてみましょう

もし、メッセージをいっぱい配信したいのなら、
週1回は特典が得られるクーポン配信やショップカード機能を用いて、ブロック率を減らしましょう

ショップカード(スタンプカード)がLINEですと、ブロックもしにくくなりますしね



⑷文字ではなく、画像で見せよう

文字いっぱいのLINEはやっぱり読む気が失せちゃいます

スーパーのチラシなどを思い出してみてください
ほとんど文字はなくて画像で見せてますよね

LINEもそれと一緒で、画像で見せることを優先にメッセージを作成してみてください

さらに上級者であれば、リッチコンテンツを使用して、
リッチメッセージ、リッチメニューを作成してみましょう

さらさのゆのLINEを参考にしてもらってもいいけど、
公式でも作成方法は解説されてますので、ご紹介しておきますね
https://www.youtube.com/channel/UCl-IBRksndTbzyBuyOrbzUg


この他にも店舗形態によって、いろいろ工夫できます
ぜひ機能を無駄にせず、どんどん使っていきましょう

質問があれば、なんなりお問い合わせください。
お答えできることならご説明させて頂きますよ 

じゃね