今日から緊急事態宣言による休業中の「さらさのゆ」「美笹のゆ」「Book and Spa uguisu」から私、橋本さらさが休業中のお店に忍び行って作業の様子などをお伝えしていこうと思います。
stamp_35

まずは、今日現在大阪府より休業要請対象となっている施設をご覧下さい。

大阪府のホームページへリンク

大阪の休業要請

スーパー銭湯と記載のある場所を抜粋したのがコレ。
スクリーンショット 2021-05-14 23.21.20

この要請に基づき床面積1,000㎡を越える、うちの3店舗は全て休業とさせていただいています。

今日現在、2021年5月31日まで休業。6月1日より再開の予定です。
再開時の営業時間などは、その時の社会情勢などにより判断となっています。

でね
まずは昨年の緊急事態宣言中も書いたけど、まずは現在もライフラインとして営業している「銭湯」と休業が大多数の「スーパー銭湯」との違いを知ってください〜

まあ「スーパー銭湯」か「銭湯」かの線引きは曖昧な気もするんやけど、例えばお客様の量や付帯している施設(レストラン、マッサージ、散髪、エステ、岩盤浴)とかもあるけど、一般公衆浴場かそうでないかも一つの判断基準でもあると思うよ。

銭湯の分類は主に、「一般公衆浴場」「その他の公衆浴場」と2種類あるのはご存知ですか?
ちょっと解説するね

「一般公衆浴場」
(見た目でわかる事)
・入浴料金が安い(各自治体で入浴料金の上限が設けられている為)
・脱衣室入口付近に受付があることが多い

(見た目でわからない事)
・水道料金や固定資産税が減免されている
・好条件で貸し付け助成金などがえれる
・営業施設の距離規制がある

「その他公衆浴場」
(見た目でわかる事)
・入浴料金が安くない(独自で価格を決められる)
・館内は広大で岩盤浴やレストランなど様々な施設を付帯

(見た目でわからない事)
・特に減免事項や距離制限はない(温泉に関しては条件あり)


赤字にした箇所が明確ですよね。
例えばさらさのゆやuguisuは、施設入口すぐに受付があって浴場が2階だったりと受付と浴場までの距離がありますよね。
一方で、極楽湯とかは脱衣室入口暖簾近くに受付があるよね
これは上述したとおりで、入浴料金の最低価格が決まっているから今主流のリストバンド形式でバンバン料金加算したり、セット価格を設けるのが難しいからだよ。なので券売機で入浴料金が明確なパターンが多いかな?
露天風呂とかは一般公衆浴場とかでは特に必要ないものだから、ロイヤル入浴とか、VIP入浴とかの名称で少し高い入浴価格に設定している場合もあるよね
その場合でも一般入浴価格は存在するから、探してみるといいかも
でも脱衣ロッカーが使えないとか制限がある場合があるから注意してね

じゃ今日はこのへんでバイバ〜い