大変な春になりましたが、

さらさのゆの桜は今年も美しい花を咲かせました。
IMG_4609
なんか、しんみりします。。

もともと予定していた4月5日の開花の宴は毎年パーティースタイルなんですが、今年は密集と密接を防ぐ為に桜カフェ&バーに変更し開催させて頂きます。
スクリーンショット 2020-04-05 15.37.03
「開花の宴2020」
4月5日(日)18時〜20時頃

1階フロアにてさらさ桜娘が桜甘酒、桜カクテル(お酒)などを無料振る舞いします。
IMG_4608
今回は少々珍しい、サクラ大戦限定ラベルの「さくら咲く」を準備

水を注ぐと、オレンジから淡い桜色に変色する不思議なリキュール
ぜひご賞味くださいませ

この「さくら咲く」の箱に桜の語源の二つの説が記載されていました。

素敵やったんでブログに書いちゃう

〜桜の霊〜
さくらの「さ」は穀物の霊を表し、古語で「くら」は神霊が鎮座する場所を意味するので「さ+くら」で穀物の集まる俵代を表すという説があります。
昔から桜の開花が農作物の目安の一つになったということを思えば、いにしえの人々が桜のみのりに神が宿ると考えたとしても不思議ではないのかもしれません。

〜木花咲耶姫〜
もう一つは、日本神話・木花咲耶姫の「さくや」から「さくら」と呼ぶようになったという説があります。「この花(桜)のように美しい姫」と由来のある、木花咲耶姫は天照大神の孫・瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)と恋に落ち、燃えるような1日の契りで三人の皇子を炎の中で出産しました。木花咲耶姫の一途な恋と謙虚な姿勢、そして強い意志は多くの方に愛されています。

どちらも素敵なお話よね〜
4月はさらさ桜娘が不定期で登場しますので、会えるとラッキーかも
IMG_4559
スーパー銭湯全国検索にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村