さらさちゃんの温泉日誌

「蔵前温泉さらさのゆ」 広報担当“さらさちゃん”がお届けする、湯快爽快あったか温泉日誌!さらさのゆお得情報やクーポン等もお届けしちゃうわよ★

大阪府堺市北区にある「蔵前温泉さらさのゆ」
地域の人たちがいっぱい集まる憩いの場★
ぽかぽか、ふわふわ、今日も湯けむり温泉天使のさらさちゃんは
皆様に癒しをお届けするのであります(^^)

二〇一八年皐月

もうすぐ梅雨入りしますけど、

6月の日本の風物詩と言えばやっぱコイツ

 IMG_9601

「てるてるぼうず」先生です

さらさのゆでは毎年5月の下旬ごろより、お子様を中心に館内で
てるてるぼうずを作ってもらうキャンペーンを実施してます

この子達も今年生まれたてるてるぼうず達なの

可愛いよね




ケケケッ

でもね・・・


これを読んで、本当に可愛いなんて言えるかしら・・・

ここからはてるてるぼうずのルーツを探ります笑

(てるてるぼうずの起源)

 まずね、てるてるぼうずの起源は調べたところ中国なんだって、

「坊主」って言うからてっきり男性がモチーフかと思ったけど、
実はモチーフになっているのが、中国の女の子「掃晴娘(さおちんにゃん)」

ストーリーは、
ある年に中国で大雨が続き、みんな困り果てていた時に、
この掃晴娘ちゃんが、天に向かって
「どうか雨を止ましてくださいませ!」とお願いを続けたところ、
天から「この私“龍王”の妃になれば考えてやる」と声がしました。
掃晴娘ちゃんは国を救うため、龍王の妃になることを決め、
「龍王様の妃になりましょう」と叫んだそうです。
すると、みるみる空を覆っていた雲が晴れ、雨は上がってしまいました。
歓喜に沸く民衆達が気づいた頃には、 掃晴娘ちゃんは姿を消していたそうです。

これを見た人々が、  掃晴娘ちゃんを偲び大雨が続く時には紙で作った掃晴娘ちゃんを吊るすようになったってことです
20090719013518

可愛い❤️

このお話が日本に 伝わった時は平安時代
この時日本では、どちらかと言うと天候を祈祷したりするのは僧侶。
つまりはお坊さんの役目であったことから「坊主」になっちゃったと言うことです

ぜーんぜん怖くないじゃん

って思いましたよね

うんうん
実はこの掃晴娘ちゃんのお話し一説にすぎません

本当に怖い説はコレ

昔、上の話と同じように雨が降り続く時期があり、住民も困り果てていました。
そんな時、住民は「お経を唱えれば、次の日は晴れる」ことで有名なお坊さんがいることを知ったのです。
その噂を耳にした、その土地のお殿様は、すぐにそのお坊さんを呼び寄せたのです。
そのお坊さんは、お殿様の前でお経を唱えて
「これで明日は必ず晴れますよ」と言いました。

しかし…次の日も雨は降り続けてしまったのです。

お殿様の怒りを買ってしまったお坊さん。
嘘をついた罰として、首をはねられてしまいます。
お殿様は「おまじない」と称して、はねたお坊さんの首を布に包んで吊るしました・・・

すると、次の日は快晴になったそうな・・・

そして、有名なてるてるぼうずの歌の歌詞がコレ
あまり3番まで歌う人はいないでしょうけど、真実は歌に隠されていました・・・

(1番)
てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ
いつかの夢の空のよに 晴れたら金の鈴あげよ

(2番)
てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ
わたしの願いを聞いたなら あまいお酒をたんと飲ましょ

(3番)
てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ
それでも曇って泣いてたら そなたの首をチョンと切るぞ

 

初めての試み
「川柳コンテスト」を開催しますよ

スパ住之江とかで、たまにやってたから企画を真似っこしました

1805さらさ川柳B2ポスターBB_2

さらさのゆの公式LINE@での企画ですので、

登録さえしていただければ、

さらさのゆに来館されなくても、どなたでも参加できちゃいます
そして、賞品も豪華!


「それになんの意味が!」って

支配人が言っていますが、



楽しければいいよね?

よろしければご応募お待ちいたしております
※多少の字余りは考慮させて頂こうと思います。

では、最後に私もさらさのゆにちなんだ川柳を一句。


「お湯あふれ 笑顔あふれる さらさのゆ」
 1804さらさのゆ様イラスト6点(ドラッグされました)

なーんてね(笑) 

さらさのゆでは、源泉かけ流しの温泉の他にも、ろ過設備によるお湯のサイクルで清潔を保っている浴槽があります

このお湯が循環するサイクルをろ過循環って言うんやけど、

この過程で、炭酸泉なら二酸化炭素が注入されたり、変わり湯ならその成分が混ぜられたりしてるわけね


だいたい20分で、浴槽のお湯はすべて入れ替わるって聞いています!

金魚とかお魚飼ってた事があれば、水槽の仕組みと一緒やから、なんとなくイメージできるかしら

金魚とか、

そう!

金魚とか!!​​



今日ほんとに紹介したかったんが、
このマンガ‼️

IMG_9566
「渋谷金魚」

もうね、タイトルからぶっ飛んでるけど、内容もぶっ飛んでます(笑)

でもストーリーは面白いし、まだまだ謎が多いからついつい読んじゃうんだよねー(°▽°)

内容はこの画像の通り!
IMG_9567

「金魚」、人を喰います。

ヤバイからー(笑)

なんかね、金魚もいろいろ種類いるじゃん‼️
だから、それぞれ能力が違うみたいな感じで、まるで、王道の能力者バトルマンガ読んでるみたいよ‼️

明後日ぐらいから、さらさにも置きますから興味あったら読んでねー(°▽°)

皆さん良ければ、面白い本あれば私に教えてねー



さらさのゆの小説やコミックコーナーの本は、ほとんど私のおさがりって
お話は前になんかでしたんですが、


ここのブログでも読んで面白かった本をご紹介させてもらおうと思います

基本的に紹介した本は誰かが借りてない限り、さらさのゆにあるので
気になったら読んでみてくださいね

んで今日はこれですね
住野よる先生の「青くて痛くて脆い」です

脆い(もろい)と読みます

住野よる先生といえば、映画化やアニメ化もされている
デビュー作「君の膵臓をたべたい」があまりにも有名です
※この映画の1個だけ文句があって、それは公開が夏休みになったことです春の映画なのに

私も大好きな作品ばかりなんですよ
個人的には「また、同じ夢を見ていた」が好きなんですけどね



しかーし、この「青くて痛くて脆い」には、
すっかり騙されてしまいましたよ!

あまり言うとネタバレなっちゃうからダメやけど・・・
なんて言うか、いつも通り大事な人が亡くなること前提で安心して読んでたんやけど、

中盤ぐらいで、まさかって思って、
それが「あーやられた」に変わりましたよ笑

IMG_9565

発売日に買ったから、限定版の表紙をもらえました

通常盤が左で、限定版が右ね
この二つの表紙はおそらく作品中で出てくる別シーンで、
限定版のシーンが重要シーンになっています

この表紙を比べられただけでも、私は大満足よ


大きなテーマとしては、やっぱ
「変わること、変わらないこと」って感じかな

いやー表現下手で申し訳ないです
でもあんまり言いすぎるとね


ここからが本業のお風呂の話でもあるけど、
私はお風呂って日本の大切な変わらない文化を
現代社会でも受け入れられるように変えていきたいっていうのをテーマにしてるの

だからどっちかと言うと、
さらさのゆは広報的な役割の私の性格的に、最近は特に流動的に動いています
 
「何が成功か」「何が失敗か」まだ100%わからないけど、
とにかく時代に敏感なお風呂屋さんでありたいと思っています

 色々行って、色々見て来て、色々やりたいの
これが私のわがままさらさライフよ


5月16日は「旅の日」です

本日限定で公式LINEで1:1トークができるようにしていました
※通常時は自動応答になっていますが

今日皆様の旅にちなんだ画像を朝から晩まで見てて、

日本にはまだまだ私の知らない素敵な場所があるんやなと素直に思ってました
機会を作っていきたい場所もたっぷりできました

皆様ありがとうございました
stamp_2_12
さて、そもそもなぜ5月16日が「旅の日」なのかというと、

以下、日本旅ペンクラブのHPより転用しています。

「旅の日」とは、ともすれば忘れがちな旅の心を、そして旅人とは何かという思索をあらためて問いかけることを目的に、昭和53年(1988)に日本旅のペンクラブが提唱して誕生したものです。

松尾芭蕉が奥の細道に旅立った5月16日(陰暦元禄2年3月27日)を「旅の日」と定め、さまざまな活動を行うとともに、年に一度、旅を愛する人々が集い、日本人の旅行観や旅行関連業界の将来など、旅について考え、語り合う機会とするべく活動を続けています。
 Unknown

また「旅の日」にあたっては、毎年「日本旅のペンクラブ賞」を選定し、「旅の日」川柳の募集と大賞選定も行っています。両賞とも、「旅の日」の会に贈呈式を行っています。
ちなみにさらさのゆの川柳コンテストは6月に実施予定よ 

とここで、旅ということで外国の方が訪日される際の目的ってどんなのか気になりませんか?
これはいつもお世話になっている「じゃらんリサーチさん」のリサーチ結果より
掲載させていただいております

実は日本人が国内旅行に行く目的の1位は温泉なんですよ
しかしながら他国からの旅行者の方の目的にはまだまだ温泉は下位のようなんです

ちょっと温泉のお仕事をしている身としては、さみしい気持ちも半分
もう半分は私がもっともっと温泉を伝えて、周りに温泉ファンを増やしてどんどん海外発信していく

そんな気持ちが芽生えちゃったわ
いやー萌えるぜ

あっ
燃えるぜ!!


訪日旅行で経験・実施したこと トップ10(じゃらんリサーチセンターより)

日本
1位 温泉(療養とは関係なし) 73.5%
2位 心身を癒す、リフレッシュ旅行 55.8%
3位 自然景観を楽しむ 45.3%
4位 家族や恋人などと絆を深める 43.9%
5位 旅館に泊まる 43.7%
6位 新幹線に乗る・見る 40.1%
7位 郷土料理を食べる 38.5%
8位 神社・仏閣 35.1%
9位 紅葉を楽しむ 33.8%
10位 お城 32.2% 

韓国
1位 心身を癒す、リフレッシュ旅行 52.0%
2位 都市公園の散策 49.0%
3位 温泉(療養とは関係なし) 44.0%
3位 消耗品(食品、酒類、化粧品、薬品
等)の買物 44.0%
5位 現地の歴史・遺産にふれる旅行 43.0%
5位 神社・仏閣 43.0%
5位 日本庭園の散策 43.0%
8位 賑やかな雑然とした繁華街を楽しむ 42.0%
9位 環境を変えて気分転換をする 38.0%
10位 自然景観を楽しむ 35.0% 

中国
1位 自然景観を楽しむ 64.0%
2位 富士山 55.0%
3位 田舎暮らしを体験する 52.0%
4位 ファッション類の買物 50.0%
5位 心身を癒す、リフレッシュ旅行 49.0%
6位 電化製品の買物 47.0%
7位 都市公園の散策 45.0%
8位 ウェルネス(ヘルス)ツーリズム 43.0%
9位 日本酒を楽しむ 41.0%
9位 日本一周旅行 41.0%

アメリカ
1位 自然景観を楽しむ 52.0%
2位 神社・仏閣 51.0%
3位 日本庭園の散策 50.0%
4位 現地の歴史・遺産にふれる旅行 49.0%
5位 心身を癒す、リフレッシュ旅行 45.0%
6位 日本一周旅行 43.0%
7位 滝・渓流 40.0%
7位 消耗品(食品、酒類、化粧品、薬品等)の買物 40.0%
9位 都市公園の散策 38.0%
10位 郷土料理を食べる 37.0%
10位 皇居ラン 37.0%
10位 ファッション類の買物 37.0%

インド
1位 自然景観を楽しむ 58.0%
2位 神社・仏閣 54.0%
3位 現地の歴史・遺産にふれる旅行 52.0%
3位 ファッション類の買物 52.0%
5位 心身を癒す、リフレッシュ旅行 50.0%
6位 鉄道を利用した旅行 47.0%
6位 都市公園の散策 47.0%
8位 世界遺産をめぐる 45.0%
9位 絶景を観に行く 43.0%
9位 皇居ラン 43.0%

ドイツ
1位 神社・仏閣 57.0%
2位 心身を癒す、リフレッシュ旅行 54.0%
3位 日本庭園の散策 40.0%
4位 現地の歴史・遺産にふれる旅行 37.0%
5位 都市公園の散策 36.0%
6位 桜を楽しむ 33.0%
7位 自然景観を楽しむ 32.0%
7位 滝・渓流 32.0%
7位 郷土料理を食べる 32.0%
7位 現地の人の暮らしぶりにふれる 32.0% 

↑このページのトップヘ