こち亀の秋本治先生が書く下町銭湯コメディ漫画。
「いいゆだね!」


(ストーリー)
時代の流れについていけず、廃業となった浅草に程よく近い「熊乃湯」だったが、
ブラジルから来た一人の異国美女により再建始まる・・・
 「イベント」「天然温泉掘削」「メディア戦略」「地域貢献」「自社商品の開発」「AR」などの数々のアイデアを実現し、経営状態が上昇していくのだった。
そんな中、なんとアメリカ大統領がお忍びで、熊乃湯を訪れる!?
果たしてストーリーの行方は・・・

(さらさの感想)
銭湯の裏方や開店準備、閉店後の作業とかも作中で見ることができて、勉強になりました
でっ何と言っても、廃業に追い込まれた銭湯がいろんなアイデアを駆使して再建していく様子がほんと素晴らしいの
私自身今後のお店のイベントや展開を考える上で、すっごく役に立ったよ

 秋本治先生ってほんと時代背景とらえるのうまいから、こち亀連載中も必ず私は読んでたのよね〜


また、さらさのゆのコミックコーナーに置いておくので、気になったらぜひ読んでくださいね
スーパー銭湯全国検索にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村