さらさのゆの天然温泉「紀元前温泉 最古乃湯」ですが、

お越しいただいたお客様ならご存知かと思いますが、

海水をあっためたような、塩辛い泉質が特徴ですよね
 _DSC2025

これは、「塩化物泉」という温泉の泉質で、別名「熱の湯」なんて言われているんです

今回はこれを女子力アップの「保湿」の面でご紹介して参ります

塩化物泉とは・・・
温泉に溶けている成分のうち、プラスイオンの主体がナトリウムイオンであるものを言います。
この濃度が高いと、海水のようにとってもしょっぱい温泉になりますよ

 
主な適応症・・・
今回は「女子力アップ」ということですので、適応症を女子的な観点でみてみると特筆すべきは末梢循環障害、冷え性、皮膚乾燥症です。

これからだんだん暖かくなってきて冷房が効いてくると、
「冷え性が気になるわ〜」
って方、とってもオススメですよ

職場では冷房が強い場合って、結構あるじゃない?
おじさま方は、暑がりの方が多いからね(笑)
私はソッコー冷房切ってやるけど、そうもいかない場合も多いよね
006KZ1868_TP_V1

 そんなこんなでお困りの方の強い味方「塩化物泉」

効果・・・
塩化物泉に浸かると、塩が皮膚表面に膜を作ってコーティングしてくれます。
ポカポカと温まりが持続するし、肌から 水分が逃げるのを防いでくれます。

なので、入浴後は流さない方がオススメなの
体を洗った後の仕上げに、塩化物泉に浸かってから出るのが正しい利用法なり

有名な塩化物泉・・・
身近なもので「有馬温泉」よね
 Unknown

その恩恵を受ける阪神間の天然温泉
「名湯 宝の湯」
images

「つかしん天然温泉 湯の華廊」
Unknown-1

これらがオススメですよ
もちろん「さらさのゆ」もお忘れなく(笑)

そして、
「塩化物泉」ファンなら一度は訪れて欲しいのが、
静岡県の熱川温泉(あたがわおんせん)
images-1
ユニークなのが、温泉街に20数本立つ温泉櫓(おんせんやぐら)です

Unknown-2
たくさんの櫓が観れるとってもレアな場所でもあるんですよ

なんと、源泉温度は100度以上あって駅前では温泉卵を自作できるコーナーまであります
でも、温泉卵は60度で半熟で頃合いなので100度では、もうゆで卵よね(笑)

実はね、さらさのゆでも2008年〜2009年までは、源泉で温泉卵を作ったり温泉蒸しパンを作ったりしてお客様に販売してたりしてたんだよ
覚えているお客様はいるかな

また再開しましょうか?
ご希望があればね

今回の参考書はこちら



ふふふっ今日はここまで
スーパー銭湯全国検索にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村