最後の部屋、「文字の部屋」の前までやってきた“あなた”
IMG_9744

「ここは、部屋というより祠(ほこら)って感じね・・・」
「中の方は薄暗くってよく見えないけど・・・」

“あなた”は「文字の部屋」に足を踏み入れました。

〜文字の部屋〜

「う〜ん・・・薄暗いわね・・・」

“あなた”は辺りを見回します。
「よく見えないけど、壁には絵が飾っているようで本があるのも少し見えるかな?」 

“あなた”は近くの絵を眺めました。
「???」
「五十音表?何でこんなものが・・・でも、あるからには何か関係があるのかな?」


「・・・」
しばらくして、“あなた”は気づきます。

「この部屋の謎は一体どこ??」
今までの部屋では、割と簡単に謎を見つけてきたあなたでしたが、この部屋ではそうはいきませんでした。


どれぐらいの時間が経ったでしょうか。
“あなた”は途方にくれ、後ろを振り返り天を仰ぎました。

「あ〜綺麗な月が出てる・・・」

「!」
「えっあれは!!」

そして、“あなた”は月明かりに照らされた謎を見つけたのです。

続く
「不思議の国のさらさ」第6話 脱出の呪文