151026M_032r_TP_V1

いまやスーパー銭湯、お風呂屋さんは付帯設備、フロアの充実度の時代と言っても過言でもないわね

そんなフロアの充実度に一役買っているのが、

「コミック(漫画)」よね
img01



「休憩室とコミックコーナー」
「岩盤浴とコミックコーナー」
「リクライニングとコミックコーナー」
「カフェとコミックコーナー」

などなど・・・ほんと多いよね

もしかして、コミックをゆっくり読む為に、お風呂屋さん行く人も
結構いるんじゃないかな??

だってね、広いお風呂に入って後にダラダラしながらコミック読むのってなんかいいもんねー
ネカフェとか行くよりよっぽど安いしね

そんなコミックが読める大阪のお風呂屋さんをまとめたものが、
私も掲載するサイト、「スーパー銭湯全国検索」さんです

さすがですね
リンク貼ってるんで、気になる方は飛んでね



------冊数ランク------
(これは間違ってたら申し訳ないです。指摘してください。)


一位 「岩塩温泉 りんくうの湯」 30,000冊

二位 「湯快のゆ 寝屋川、門真」 17,000冊

三位 「book and spa uguisu」 14,000冊




ところで皆さんは、


「こんなたくさんのコミックをどうやって準備しているの?」
「ラインナップは誰が決めてるの?」


とか気になったりしませんか??


これ実は大半がレンタル業者さん
もともとネットカフェ向けにコミックをレンタル業を行なっていた業者さんが、
需要の高くなってきたスーパー銭湯始めお風呂屋さんに参入してきた感じですね

美笹のゆでいうと、コミック10,000冊のうち3ヶ月に1回500冊前後が入れ替わるんですね
人気があるコミックはボロボロになりやすいし、なくなったりするものも中にはあるしね


ここで問題なのが、

本当にタイムリーで人気のある作品がなかなか回ってこないって事

レンタル業者さんにも多数のお風呂屋さんの取引先があるし、
人気コミックはその中でいろんな店舗を3ヶ月ごとに順繰りまわるし、
タイムリーなコミックは中古品も少なく揃えるのに価格が高い


これは失礼な事なんやけど、結構マニアックな人気作品(流通も少なめ?)が
大好物な私は、なかなかお風呂屋さんで自分の読みたいコミックにありつけないの


だから、このような考えの人が私の他にもいるとしたら気の毒すぎるって思って、

さらさのゆのコミックコーナーはマニアックな人気作品がかなり多い(笑)

きっと冊数が売りの店舗でも見つからないようなコミックが見つかると思う


そのカラクリがこれだ

1・(ワンツースリー)
だいぶネタ古い・・・




「さらさのゆのコミックの半分以上は私の私物だったもの。」
stamp_2_37

コミックも大好きな私は、日々本屋さんで面白そうなコミックを探しては買って、
大量に読みふけってます

そして、コレクター癖のない私は読み終わったコミックを置きたくない
そこにこんな流れができます

さらさのゆのコミックコーナーの成り立ち

①私が本屋でコミックを買う。
②読み終わったら家に起きたくないから、いらない。
 
※売りに行くのや、セドリはめんど臭くてしない。
③大量にさらさのゆに持ち込む。
④さらさのゆのコミックが増える。
 (若干、マニアックな方にw)

さて、最後にここ最近さらさのゆに持ち込んだコミックと小説をご紹介しますね

「夢印」なんて絶対他には置いてないんだからね
IMG_0032
IMG_0033
IMG_0034
IMG_0035
IMG_0054
fullsizeoutput_dfe


何かオススメコミック、小説あればぜひ教えてね