7月20日(金)は「土用の丑の日」

超簡単に言うと、
「土用」は、立春・立夏・立秋・立冬の直前の約18日間をさします

「丑」は十二支の丑で、12日単位で1回まわってきます

「立秋」が8月7日(火)ですので、その前18日間のうちの丑の日が、
「土用の丑の日」になるんですね

なので、土用の丑の日は年4回あるんですよ



その中でも、夏の土用の丑の日が特に有名になったのは、
昔からウナギをはじめ、「う」のつくものを食べると夏バテしないという伝承があったから。
夏の土用は一年のうちで一番暑いから、昔から健康に配慮したこんな文化ができたんでしょうね

さてさて、皆さんは「う」のつく食べ物なんこいえるかな??
わたしと勝負しましょう




うなぎ、梅干し、瓜、うどん、うずら、うに、ういろう、うし、うま、うさぎ、うぐいす、うつぼ・・・

・・・ ・・・

あーもう駄目だわ(笑) 後半ちょっとほんとに食べ物か不明になっちゃったわ


そうそう!もちろんさらさのゆでも、うなぎメニューを限定提供するよ
無題
特製「うな重セット」 1,200円(税込)です


さて、本番はここからのお話しなんですけど、皆さんは

「丑湯(うしゆ)」って聞いた事ありますか??

正直わたしも今年まで聞いたことなかったんだけど、これも土用の丑の日の風習なんです

「丑湯」とは?

夏バテ防止や疲労回復のため、薬草を入れた「丑湯」に入る事。
毎日入浴できなかった時代には、丑の日のお風呂は特別に爽やかなものだったようで、さまざまな薬草が用いられましたが、江戸時代は桃の葉を入れた桃湯を丑湯としていたそうです。




そうなんですよ
土用の丑の日は「薬湯」に入るんです

こりゃもう「丑湯」再現しちゃうしかないじゃん


と言う事で、7月20日(金)「土用の丑の日」限定風呂

「丑湯」を露天処石風呂&寝転び風呂にて再現致します!

herb0I9A7697_TP_V1

成分は、さらさのゆ漢薬蒸し風呂で使用の10種類の和漢植物をお湯に溶かします

10種類の和漢植物の詳細は過去の記事に書いたので、リンク貼っときます

10種類の和漢植物について

健美泉 けんびせん 25g × 16包 16回分 天然 生薬 の 香り 医薬部外品 刻み 生薬 薬湯 くすり湯
バスハーモニー(株式会社ヘルスビューティー





土用の丑の日は、

うなぎを食べて、丑湯に入る!
素晴らしき日本の文化、堪能して健康増進よ!