さらさちゃんの温泉日誌

「蔵前温泉さらさのゆ」 広報担当“さらさちゃん”がお届けする、湯快爽快あったか温泉日誌!さらさのゆお得情報やクーポン等もお届けしちゃうわよ★

大阪府堺市北区にある「蔵前温泉さらさのゆ」
地域の人たちがいっぱい集まる憩いの場★
ぽかぽか、ふわふわ、今日も湯けむり温泉天使のさらさちゃんは
皆様に癒しをお届けするのであります(^^)

さらさのゆの天然温泉「最古の湯」

■源泉名紀元前温泉 最古乃湯
■湧出地大阪府堺市北区蔵前町1554番3
■泉質ナトリウム-塩化物温泉(低張性・中性・高温泉)
■泉温51.7℃(調査時における気温14.5℃)
■湧出量720L/分
 
泉温が約52度ってことなんだけど、

とっても人が入れるような温度じゃないですよね(笑)


今日はこの温泉さんがいかに適温になって、お客様の入るおふろまで提供されるのか

これを画像入りで解説するわ



まずはこの画像 
 IMG_9607
これが天然温泉の井戸ね
ちょうど画像の右下の部分の下が温泉井戸になってるのよ
一般に見ることはできないけど、さらさのゆの駐車場入口付近にあるわね

ここでの泉温はまだ50度を超えてます

次にこのタンク(温泉第1タンク)
IMG_9608
温泉井戸のすぐ隣にあるんだけど、温泉はまずこのタンクに空気と混ざり合いながら入っていくの
タンクの上に煙突があるのがわかるかしら?

これがガス抜きの煙突ね
温泉ガスなどはここから大気中に排出されるんで、冬場とかはここから湯気がモクモク出てるよ

だいたいこのタンクに入った時点で泉温は50度前後になっているわ

次にここから長〜い配管を通って、さらさのゆの裏方に運ばれます

(温泉第2タンク)
IMG_9604
 
ここまで長〜い配管を通り空気と混ざることによって、温泉は少し冷めるのよ 

ちょうど温度計があって、この時点の泉温はこれ(5月末現在)
 IMG_9605
はい、47.4度ですね

まあこれでもだいぶん熱いんですけどね

でもだいたいこれが、おふろに提供されている温度の目安となってます

第2タンクの側面には各天然温泉浴槽にお湯を送るポンプと配管があって、

これを通って、皆様が待つおふろへ
IMG_9606

でも、疑問じゃないですか??

47度ってとても入れる温度じゃないですよね

じゃあこれがどうやって適温になっているのかいうと・・・

それは日々巡回している清掃スタッフの技術なんですよね


どういうことかっていうと、

天然温泉の浴槽には、どれぐらい天然温泉を浴槽に出すかを調整するバルブがあるんですね

このバルブを調整して、湯温が熱いときはゆっくりと温泉を出して冷まし

ぬるい時は多めに出して、湯温をあげ てます

これをね、1時間に1回点検と調整をすることで適温を維持してるのですよ

天然温泉掛け流しの浴槽は上段、下段あるどけ、

だいたい上段が44度、下段が41度前後で調整させて頂いております

これが、さらさの温泉のフローっていうのかしら

いかがでしたか??



これからもこんな裏情報やお得情報をお送りしますので、興味がございましたら、

ぜひ下の読者登録お願いしまーす
stamp_39





はい、ちなみにこれがさらさのゆの自爆スイッチ
IMG_9609

これを押すと、お店が宇宙まで吹っ飛ぶけど、どこにあるかは内緒よ(笑)

まっただの電源ボックスなんやけどね・・・ 

6月なっちゃいました
もうすぐ梅雨入りでじめじめした時期がやってきちゃうわ

でもご心配なく!
今日ご紹介するこの「ハッカ油」を暮らしに上手に利用すれば、

じめじめも吹っ飛んですっきり快適になっちゃうわよ

bg_main

「ハッカ油」
ハッカ油は健栄製薬さんの主力商品です。これ見たことありませんか??

以下、健栄製薬さんのホームページから転載させて頂きました。

もうすぐ梅雨入りしますけど、

6月の日本の風物詩と言えばやっぱコイツ

 IMG_9601

「てるてるぼうず」先生です

さらさのゆでは毎年5月の下旬ごろより、お子様を中心に館内で
てるてるぼうずを作ってもらうキャンペーンを実施してます

この子達も今年生まれたてるてるぼうず達なの

可愛いよね




ケケケッ

でもね・・・


これを読んで、本当に可愛いなんて言えるかしら・・・

ここからはてるてるぼうずのルーツを探ります笑

(てるてるぼうずの起源)

 まずね、てるてるぼうずの起源は調べたところ中国なんだって、

「坊主」って言うからてっきり男性がモチーフかと思ったけど、
実はモチーフになっているのが、中国の女の子「掃晴娘(さおちんにゃん)」

ストーリーは、
ある年に中国で大雨が続き、みんな困り果てていた時に、
この掃晴娘ちゃんが、天に向かって
「どうか雨を止ましてくださいませ!」とお願いを続けたところ、
天から「この私“龍王”の妃になれば考えてやる」と声がしました。
掃晴娘ちゃんは国を救うため、龍王の妃になることを決め、
「龍王様の妃になりましょう」と叫んだそうです。
すると、みるみる空を覆っていた雲が晴れ、雨は上がってしまいました。
歓喜に沸く民衆達が気づいた頃には、 掃晴娘ちゃんは姿を消していたそうです。

これを見た人々が、  掃晴娘ちゃんを偲び大雨が続く時には紙で作った掃晴娘ちゃんを吊るすようになったってことです
20090719013518

可愛い❤️

このお話が日本に 伝わった時は平安時代
この時日本では、どちらかと言うと天候を祈祷したりするのは僧侶。
つまりはお坊さんの役目であったことから「坊主」になっちゃったと言うことです

ぜーんぜん怖くないじゃん

って思いましたよね

うんうん
実はこの掃晴娘ちゃんのお話し一説にすぎません

本当に怖い説はコレ

昔、上の話と同じように雨が降り続く時期があり、住民も困り果てていました。
そんな時、住民は「お経を唱えれば、次の日は晴れる」ことで有名なお坊さんがいることを知ったのです。
その噂を耳にした、その土地のお殿様は、すぐにそのお坊さんを呼び寄せたのです。
そのお坊さんは、お殿様の前でお経を唱えて
「これで明日は必ず晴れますよ」と言いました。

しかし…次の日も雨は降り続けてしまったのです。

お殿様の怒りを買ってしまったお坊さん。
嘘をついた罰として、首をはねられてしまいます。
お殿様は「おまじない」と称して、はねたお坊さんの首を布に包んで吊るしました・・・

すると、次の日は快晴になったそうな・・・

そして、有名なてるてるぼうずの歌の歌詞がコレ
あまり3番まで歌う人はいないでしょうけど、真実は歌に隠されていました・・・

(1番)
てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ
いつかの夢の空のよに 晴れたら金の鈴あげよ

(2番)
てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ
わたしの願いを聞いたなら あまいお酒をたんと飲ましょ

(3番)
てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ
それでも曇って泣いてたら そなたの首をチョンと切るぞ

 

↑このページのトップヘ